WORKS

WORKS一覧

重ね張り|モルタル⇒金属サイディング

Before


既存モルタル外壁の様子です。塗膜が浮き上がり雨水が所々入っている様子です。隣家との隙間が狭く足場の設置が不可能でしたが、隣家が売却解体とのことでご依頼いただきました。

  • STEP 1

    下地工事


    外壁材の上に防水シートを敷設しました。本来重ね張りの場合は防水シートは必要ないのですが、既存外壁の劣化が著しかったので絶縁の意味で敷設しました。

    木下地の角材を内部柱に固定していきます。縦にある柱に固定していくので壁面の強度もあがります。
    開口部に外壁役物を取付けます。このような部品はメーカーの施工書には取り付けるようになってはいますが大抵ついていません。
    なぜか?コストを抑えるためです。
    それでは外壁材の耐久年数が20年程であっても、このような開口部より10数年で雨漏りしてしまいます。
    出窓の部分は塗装仕上しました。

  • STEP 2

    仕上げ


    新しい金属サイディング、アイジー工業製の銘壁Jを貼っていきます。
    銘壁Jは縦張りの金属サイディングでシンプルな形状で経済的で和風の建物にも合うので今回採用されました。

    銘壁Jを全て貼りあがった状態です。役物のコーナーに部品を付け、必要箇所にシーリングを充填して完工です。

After


足場を利用して屋根も修繕しました。所々にあった雨漏りも全て改善しお客様には、とても喜んでいただきました。
その後内装工事、逆側の外壁の修繕など、何度もご依頼頂いている当社のお客様ですが、外壁工事後、断熱効果も上がったと嬉しいお言葉をいただきました。

金属サイディングは軽量なので既存の外壁の上からの施工にも使用でき、リフォームには最適です。
ただし、塗装工事と比べるとコストが3~5倍となります。
外壁のイメージチェンジ、今回のようなひび割れがひどく塗装ができないような外壁にはお勧めです。

これからどんどん増えていく工事だと思いますが、施工を得意とする業者が少ないのが現状です。
当社は多くの施工実績がございますのでご安心してご依頼くださいませ。

CATEGORIES

外壁