WORKS

WORKS一覧

全外装リフォーム|ROOGA鉄平

Before

Before屋根

Before外壁

Before雨とい

中古物件を購入されて数年。屋根や外壁といった外装部分のの経年劣化が気になっておられ、外壁からは雨漏りもしているという事でご連絡を頂きました。

調査に伺ったところ、セメント瓦は塗装がかなり剥げている状態でしたので、葺き替えをご提案。
外壁は、隣家と密接していた1面のクラック(ひび割れ)が激しく、雨漏りもしていましたので、外壁の重ね張りが必要と判断しました。
他の3面については、塗装のみの仕上げで対応できます。
ご依頼時にはなかったのですが、雨といの経年劣化が相当進んでいた事と、近年の豪雨には対応しきれない容量が小さいものでしたので、架け替えのご提案となりました。

  • STEP 1-1

    既存瓦撤去・木下地工事

    既存瓦の撤去

    既存下地の様子

    まず既存瓦を撤去し、下地だけの状態にします。

    桟木の固定

    構造用合板

    まず桟木を固定し、補強と屋根の高さを調整します。
    その上に構造用合板を張ります。
    これらは、単なる屋根の下地と思われがちですが、構造用合板を張ることにより屋根・建物の強度がグッと上がります。

  • STEP 1-2

    屋根葺き上げ

    しっかりと固定した合板下地にゴムアスルーフィングを敷設します。

    防水シート

    ROOGA葺き上げ

    屋根After

    軽量屋根材のROOGA鉄平を葺き上げます。ROOGAには、「雅」という日本瓦風のデザインと、この「鉄平」という自然石風のシリーズがあります。

  • STEP 2

    外壁

    雨漏りをしていた1面の外壁は、金属サイディングを重ね張りしました。
    おそらく新築当初、隣家と密接し満足な施工が出来ていなかったのだと思われます。
    他の3面は、クラック(ひび割れ)もひどくなかったので塗装工事で十分対応できました。

    金属サイディング

  • STEP 3

    雨とい

    雨といは容量の大きな角樋で架け替え、デザイン面でも美しくなりました。

    雨といAfter

After

After①

After②

中古で購入された建物ですと、新築当時の経緯もわかりませんし、築年数すらはっきりしない事もあります。
ですので、いつ雨漏りが始まっても不思議ではないですし、ご心配でしたらどうぞ点検のご依頼を下さい。
まだ何もしなくて大丈夫です、という判断になる事ももちろんありますし、無駄な工事は致しませんのでご安心下さい。

このお住まいのように、外壁、屋根、雨といを全てリフォームして頂くと、新築のように美しい見た目になり、とても喜んで頂けます。
費用もそれなりにかかってしまうのですが、ご自身でリフォームして頂く事で、長く安心してお過ごし頂けます。

CATEGORIES

外壁, 屋根, 雨とい, 雨とい・防水・塗装, 雨漏り