WORKS

WORKS一覧

葺き替え|日本瓦⇒ROOGA雅

Before

Before①

Before②

台風被害により瓦が飛んでしまったという事でお伺いしたところ、経年劣化もありましたので、葺き替えのお話しになりました。
突然の事でもあり、まずは費用面を重視し、立平でのお見積りでしたが、お話しをしていく中でやはり今後の安全性、屋根の軽量化(耐震)を重視したいという方向性に変わっていきましたので、ROOGA雅(軽量瓦)でのご提案となりました。

  • STEP 1

    既存瓦の撤去

    既存瓦の撤去

    瓦土の様子

    まず既存瓦を撤去します。京都市では築年数30年以上の日本瓦の葺き替えは屋根の軽量化で耐震にあたるということで補助金が支給されます。

    瓦、瓦土をきれいに取り除きます。
    これだけの撤去をしてみると、屋根の重量が建物に負担をかけている事がよくわかります。

    既存瓦の撤去

  • STEP 2

    下地工事

    角木材の締結

    合板を並べる

    嵩上げと補強の為の角木材を垂木を等間隔に締結し、その上に構造用合板を並べることにより屋根の強度がグッと上がります。

    下葺材 ゴムアスルーフィングを敷設します。

    下葺材の敷設

After

After①

After②

屋根本体を葺き上がると棟瓦を取付けて屋根葺き替え工事完了です。
合わせてバルコニーを解体し、勝手口の交換もさせて頂きました。

日本瓦に比べて屋根の重量は1/4~1/5も軽量化になります。
今までの経験では軽量化により室内の開かなくなっていた建具が屋根葺き替え後に開くようになったといったお宅もございました。
今後どんどん増えていく工事だと思います。
この軽量瓦ROOGAですが、写真のものは和風の雅という商品ですが洋風の鉄平という商品もあり和風洋風どちらの建物にも採用していただけます。

CATEGORIES

屋根