京都の屋根・外壁・雨とい 外装工事専門店です。  雨漏り調査も得意としております。




 

 
 
 
 











 概要
 嵯峨野ワークス 
〒616-8194
京都市右京区山越東町26-4
TEL(075)873-5501
FAX(075)873-5503

会社概要
アクセス





TOP> 助成金情報


 ■【29年度】まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業
 詳しくは京 安心すまいセンターのHP に掲載してあります。




 まちの匠の知恵を活かした京都型耐震リフォーム支援事業とは? 
●本事業は,「まちの匠」と呼ばれる職人さん達の知恵を結集し,耐震性が確実に向上する様々な工事を補助対象としてあらかじめメニュー化することにより,より分かりやすく,手続が簡単で,市民の皆様の費用負担が少ない耐震改修補助制度です。 
■事業の 概要 
●工事費用の負担が少ない!
耐震性が確実に向上する改修工事をあらかじめメニュー化し,これらを補助対象としました。これにより,比較的少ない費用負担で効果的な耐震改修ができます。
 ●申請手続が簡単!
耐震診断は要りません。チェックリストや見積書などの書類を提出していただき,即日審査します。事前協議後は,すぐに耐震改修工事に着手できます。

 ■手続きの方法
 ● 補助対象となる要件

次の(1)~(4)の全てを満たすものが対象となります。

(1)補助対象となる木造住宅

  ・昭和56年5月31日以前に着工されたもの

  ・一戸建ての住宅,長屋又は共同住宅で,居住部分の床面積が延べ面積の1/2以上のもの

(2)補助対象となる方

  ・木造住宅の所有者(予定を含む。)又は居住者(予定を含む。)

(3)補助対象となる工事

  ・別に定めるメニューに該当する耐震改修工事

  (詳細は,以下のメニューを御確認ください。)

(4)工事施工者の条件

  ・京都市内に本店又は主たる事務所を置く事業者(個人の事業者を含む。)であること。

  (ただし,「シェルター設置」の場合を除く。





 ■補助金額
 ●メニューごとに工事費用の90%

(ただし,メニューごとに限度額があります。詳しくは,「補助対象となる工事」のメニューを御覧ください。)

※複数のメニューを組み合わせることが可能です。限度額は合計で一戸当たり60万円(共同住宅の場合は,一棟当たり60万円)です。

※付帯工事のみでは補助の対象となりません。他のメニューと併せて申請してください。

 ■補助対象となる工事のメニュー
 在来工法の場合(他に伝統工法のメニューもあります) 補助限度額 
①根継ぎ等による土台又は柱の 劣化,蟻害の修繕 20万円
②水平方向,垂直方向等の歪みの補正  20万円
③基礎のひび割れ等の補修  10万円
④屋根の軽量化  20万円
⑤建物の四隅等への耐震壁の設置  15万円
⑥屋根構面又は2階床組若しくは小屋組の水平構面の強化
(構造用合板や火打ち梁の設置)
 10万円
⑦有筋の基礎増設  15万円
⑧シェルターの設置  30万円
 ※付帯工事 
 外壁等の劣化部分の修繕 5万円
 土管の撤去
 防蟻処理
 ※ 付帯工事のみでは補助対象になりません。 ほかのメニューと併せて申請しください。

 例えば屋根葺き替え工事のみの場合④屋根の軽量化⑥屋根構面又は2階床組若しくは小屋組の水平構面の強化が該当し併せて30万円を限度として支給されます。



 ■耐震改修補助の手続の流れ
 
※ 赤印の際に申請が必要です。事前協議書等,下記に記載の必要類を「京安心すまいセンタ」 に提出 してください。



※事前協議は,必ず耐震改修の工事契約・工事着手前に行ってください。 

 事前協議を行わずに耐震改修工事に着手した場合は,補助金を交付できません。

※事前協議済通知から6箇月以内に交付申請の手続を行ってください。  

 




■ 手続に必要な書類
 ●事前協議 (工事を行う前の手続)に必要な書類
・ 事前協議書★
・ 補助対象工事に係る下請負人リスト(対象要件に適合する工事施工者が,下請負人のみである場合に添付してください。)☆
・ 付近見取図(申請建築物の所在地が分かる地図,住宅地図でも可)
・ 建築年を証する書類(申請建築物の登記事項証明書,確認済証,検査済証など)

・ 所有者であることを証する書類(申請建築物の登記事項証明書),又は,居住者であることを証する書類(住民票)

※事前協議申請時において3箇月以内に証明されたものに限ります。

・ チェックリスト★
・ 補助金額算出書★

・ 補助事業に係る見積書

※利用するメニューごとの工事費が分かるよう,見積りの項目は,メニューごとに分けてください。

・ 補助事業の計画図面(縮尺1/100程度)

※図面には,耐震改修の工事部位,工事内容を明記してください。

※「屋根の軽量化」や「屋根面の強化」のみを行う場合は,屋根伏図のみで構いません。ただし,長屋等,複数住戸で申請する場合は,住戸数の確認のため,平面図の提出をお願いします。

・ 申請建築物の全景写真及び工事部位の写真(写真の撮影位置・方向が分かるよう,写真撮影方向図を添付してください。)☆

● 交付申請 (工事が終わった後の手続)に必要な書類
 
・ 補助金交付申請書★
・ 交付申請額算出書★
・ 工事請負契約書の写し(工事請負契約は,事前協議の手続後に行ってください。)
・ 領収書の写し

・ 下請契約に係る契約書又はこれに代わる書類の写し(対象要件に適合する工事施工者が,下請負人のみである場合に添付してください。)

・ 補助事業の実施状況を示す写真(利用したメニューごとに工事前,工事中,工事後の写真を分かりやすくまとめてください。

  写真の撮影位置・方向が分かるよう,写真撮影方向図(縮尺1/100程度)を添付してください。)☆

・ 補助金請求書★



★印は,☆印の書類はは,参考様式があり京 安心すまいセンターのHPよりダウンロードができます。




   うちの見積もり大丈夫?! どこに頼んだらいいの??  
まずはお電話ください!
代表の浦谷に直通です。   迅速対応を心がけています。
   info@sagano-works.com
24H受付中