京都の屋根・外壁・雨とい 外装工事専門店です。  雨漏り調査も得意としております。




 

 
 
 
 








 概要
 嵯峨野ワークス 
〒616-8194
京都市右京区山越東町26-4
TEL(075)873-5501
FAX(075)873-5503

会社概要
アクセス





TOP> 外壁工事について

 外壁工事について
 住宅に使われる外壁は大きく分けると

・外壁材(建材)を張る   サイディング
・金属を張る        スパン・波板等
・天然木          焼き板等
・セメントなどの塗り壁   モルタルに塗装(ジョリパッド等)※図1
・タイル仕上げ       タイルや石



   


外壁は今までは雨水から建物を守るという役割でしたが、高気密高断熱の建物が主流になり断熱効果を期待できる商品も多くなってきました。その代表的な商品が金属サイディングです(※図2)。 

以前は金属サイディングは雪国に使用したり(凍害につよいので)簡易的な外壁のイメージありました。
しかし現在では製品技術が進み多く採用されるようになりました。

ちなみに私が自宅を新築した際採用したのも金属サイディングです。

とても軽量なのも建物に負担をかけないのでリフォームにも最適な商品です。

既存のモルタル外壁・窯業系サイディングの上から重ね張りも可能ですし今後どんどん増えていく工法だと思います。

ですが塗装工事に比べると1.5倍~の費用となりますので成約数はまだ少ないのが現状です。

しかし塗装工事は10年毎にメンテナンスが必要ですが、金属サイディングの場合は20年は問題ないと思いますので足場等の諸経費を考えると長期にわたる費用対効果は断然優れています。

当然塗装屋さんに依頼されれば塗装を進め勧められますし、外壁業者さんはサイディングを勧めます。当社は外装工事全般を専門としておりますので塗装、重ね張りどちちらもお客様に合ったご提案することが可能です。

施工例掲載していますをぜひご覧ください。
 ・外壁施工例を見る






 京都周辺の外壁リフォーム事情
 京都、大阪の場合ウナギの寝床といわれるように間口が狭くて奥行きが長い土地が多いです。その様な土地の場合は4方あるうちの3方はほとんど見えないので当社の施工例にもありますがアイジー工業製の伸壁iのような経済的な商品でコストを抑える事が多いです。側壁に多く使われる金属サイディングですが現在では種類も多く見劣りしません!
リフォームに最適な外壁材です。

また土地に対してゆったりと建物を建てておられる地域は窯業系サイディングもしくはモルタル外壁が多く採用されています。塗装リフォームは10年毎に塗装をする必要がありますが、外壁カバー工法では20年程は耐久性があり費用対効果は高い商品です。これからどんどん増えていく工法だと思いますが実際施工に詳しい業者はすごく少ないのが実情です。
当社は「外壁カバー工法」・「外壁張替え」・「外壁塗装」全て得意としておりますので、お客様とご相談させていただきながら工法決定しております。

















   うちの見積もり大丈夫?! どこに頼んだらいいの??  
まずはお電話ください!
代表の浦谷に直通です。   迅速対応を心がけています。
   info@sagano-works.com
24H受付中